エクセルにパスワードをつけて保存する方法

エクセルファイルにパスワードをつけて保存する方法

エクセルはファイルを保存するときにパスワードを設定することができます。

 

パスワードを設定しておけば、パスワードを知っている人しかファイルを読み書きできなくなります。個人情報をデータとして保存している場合などに便利な機能です。

 

パスワードをつけてエクセルを保存する方法

パスワードはファイルを保存するときに設定します。
通常のファイル保存操作と同様にメニューから「名前を付けて保存」を選びます。

 

 

「ツール」→「全般オプション」を選択

 

パスワードを設定

読み取りパスワード書き込みパスワードをそれぞれ設定します。

  • 読み取りパスワード…ファイルを開くときに必要なパスワード
  • 書き込みパスワード…開いたファイルの内容を変更するときに必要なパスワード

 

読み取りパスワードと書き込みパスワードに同じものを設定することも可能ですし、

 

書き込みパスワードだけ設定することもできます。

 

書き込みパスワードだけ設定すると、ファイルを開くことは誰でも出来ますが、ファイルの内容を変更(書き換え)しようとしたときにパスワードが求められます。

 

全般オプションでパスワードを設定すると、保存画面に戻るので、通常のようにファイル名をつけて保存ボタンを押します。

 

 

以上でパスワードをつけてエクセルを保存することができます。

 

なお、パスワードを忘れてしまった場合は、どうすることもできません。
パスワードは忘れないようにしてください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top