エクセルでふりがなが表示されないとき

エクセルでふりがなが表示されないときの対処策

エクセルで「ふりがなの表示」ボタンをクリックしても、ふりがなが表示されないときの対処方法を解説します。

 

「ふりがなの表示」で表示されるケースと表示されないケース

対象とするセルを選択して「ホーム」→「ふりがなの表示」をクリック。

 

名前Aの列には「フリガナ」が表示されるが、名前Bの列には「フリガナ」が表示されない。

 

これはもともとのデータ(セルに入力されている値「芦田均など」)が「フリガナ」情報を持っているか持っていないかのちがいです。

 

フリガナ情報を持っている場合は「フリガナ」が表示され、持っていなければ表示されません。

 

CSVなど別データからコピーしたものにはフリガナ情報がない

エクセルで入力したデータはフリガナ情報を持っていますが、CSVなどで別システムからコピーしてきたデータには、フリガナ情報がありません。

 

別のシステムにある名前をコピーして、エクセルで名簿をつくるということが実務ではよくありますが、こうした場合にフリガナ情報がなく、ボタンを押してもふりがなが表示されないのです。

 

フリガナ情報を入力する方法

対象とするセルを選択して「ホーム」→「ふりがなの編集」をクリック。
対象とするセルを選択して、SHIFTキー+ALTキー+↑キーでも同じです。

 

予測されるフリガナが表示されるので、ENTERキーを押して確定させます。

 

あくまで「予測されるフリガナ」なので、実際の読み方と異なる場合もあります。実際の読み方(フリガナ)と違う場合は、編集状態のときにキーボードから手入力で変更できます。

 


「イトウヒロフミ」を「イトウヒロブミ」に変更したい場合は、「フ」を「ブ」に書き換える。

 

ショートカットキー「SHIFTキー+ALTキー+↑キー」活用で素早く設定

フリガナ情報の入力はセルひとつひとつに対してしかできません。
複数の範囲を選択しても、選択した範囲の最初のセルにしかフリガナは設定されません。

 

このため、セルを選んで、「ホーム」→「ふりがなの編集」をクリックをくり返す必要があるのですが、これがちょっと面倒です。そこでショートカットキーです。

 

SHIFTキーALTキー↑キーのクリックで「ホーム」→「ふりがなの編集」をクリックしたのと同じ状態になります。こちらのほうが連続作業には向いています。

 

フリガナを一括で設定するには

VBAを使えばフリガナを一括で設定できます。ただし、応用編なので、VBAがわからなければショートカットキー「SHIFTキー+ALTキー+↑キー」で連続設定することをオススメします。

 

対象とするセルの範囲を選択

 

ALTキー+F11キーでVBA画面を開く

 

Ctrlキー+GキーでイミディエイトWindowを表示

 

イミディエイトWindowに「selection.setphonetic」と入力しEnter


selection.setphoneticと入力し、Enterキーをクリック。

Enterキーをクリックして改行するのを忘れずに。

 

「メニュー」→「終了してExcelへ戻る」をクリック

 

一括でフリガナが設定されている

 

ただし、「予測されるフリガナ」が設定されるので、実際の読み方と異なる場合は編集する必要があります。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top