エクセル2013での縦棒グラフの作り方

エクセル2013での棒グラフの簡単な作り方

エクセル2013での縦棒グラフの簡単な作り方の解説です。
余計な手間を掛けずに、できるだけシンプルに作る方法を紹介します。

 

こんな元データをもとにグラフを作る例で解説します。

 

ALTキー+F1キーでグラフ自動作成

グラフで使用するデータを表形式で作成し、どこか一部(全部でもOK)を選択し、
ALTキーを押しながらF1キーを押します。

 

すると、自動的に下記のような縦棒グラフが作成されます。

 

 

あっという間なんですが、見た目的にちょっと…。
そこで、これをもとに見た目を変更する方法を解説します。

 

グラフの変更は「グラフツール」メニューで行う

グラフの色の変更や、数字を表示したりする変更は、「グラフツール」メニューで操作します。

 

 

「グラフツール」が表示されない…

この「グラフツール」メニューは、エクセルシートの中のグラフの部分を選択していないと表示されません(普段は隠れているメニューです)。

 


(グラフツールが表示されていない状態)

 

以下の操作は、グラフを選択して、グラフツールメニューを表示させて行ってください。

 

グラフの凡例の変更方法(エクセル2013)

凡例とは、下記の図の赤い線で囲った部分のこと。

 

この凡例を表示する場所を変更する方法は次の通りです。

 

「グラフツール」→「デザイン」→「グラフ要素を追加」→「凡例」

 

グラフツールメニューの中にある「デザイン」→「グラフ要素を追加」→「凡例」で凡例を表示する位置を指定することができます。

 

グラフの色を変える方法

グラフの色を変える場合も、同じようにグラフツールメニューを使用します。

 

「グラフツール」→「デザイン」→「色の変更」

 

色のバリエーションを選ぶことができます。
ここまでで、下記のようなグラフになります。

(凡例を下に表示させ、色を青ベースに変更)

 

グラフにデータ(数値)を表示する

グラフの中にデータ(数値)を表示させる場合も、グラフツールメニューを使います。

 

「グラフツール」→「デザイン」→「グラフ要素の追加」→「データラベル」で設定

 

なし、中央、外側などを選択し、データの表示位置を設定します。
外側に設定すると下記のようになります。

 

グラフに表示する項目を入れ替える

グラフに表示される項目を入れ替えることもできます。

 

「グラフツール」→「デザイン」→「行列の切り替え」を選択

 

表示される項目が入れ替わり、下記のようなグラフができます。

 

【まとめ】エクセル2013での基本的なグラフの作り方

まとめです。
シンプルな縦棒グラフであれば、下記の方法で作成できます。

  • データが入力されているセルを選んで、ATR+F1キーをクリック→グラフができる
  • 出来たグラフの見た目を変更するにはメニュー「グラフツール」を使用
  • (注意)メニュー「グラフツール」はグラフを選択していないと表示されない

以上、参考にしてみてください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top