エクセルで枠線、見出しの表示-非表示

枠線、見出しの表示-非表示を切り替える方法

エクセルでは、枠線や見出しの表示・非表示を切り替えることができます。
初期状態では枠線も見出しも表示状態になっているので、これが消えると違和感があります。

 

【枠線と見出しが非表示になった状態】

  • 枠線…セルを区切る線のこと
  • 見出し…行、列で灰色になっている見出しの部分

 

【枠線と見出しとも表示されている状態】

 

消えてしまった(非表示になった)場合の再表示方法を解説します。

 

メニュー「表示」→「枠線」「見出し」

メニューの「表示」から「枠線」「見出し」にチェックを入れると表示されるようになります。

 

反対に、ここのチェックを外すと非表示となります。

 

枠線や見出しを印刷するようにするには

エクセルでは初期状態では枠線も見出し部分も印刷されません
これを印刷するには、設定を変更します。

 

メニュー「ページレイアウト」→「枠線」「見出し」印刷

メニューの「ページレイアウト」の中にある「枠線」「見出し」の印刷にチェックを入れます。

 

この状態で印刷すると、枠線や見出しも印刷されるようになります。
以上、参考にしてみてください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top