エクセルで幅と高さも同時にコピーする方法

エクセルで幅と高さも同時にコピーする方法

画像コピー以外の方法で幅と高さもコピーするには

エクセルで表をコピーすると、コピー元の表に設定されている列の幅や行の高さはコピーされません。

これ、ちょっとイヤですよね。

 

通常のコピー操作ではなく、画像のコピーにすれば列の幅や行の高さも維持されてコピーできるのですが、それだとコピー先に画像として貼りつけられるので、表の中身を書き換えることができません

 

そこで、表に設定した列の幅や行の高さも含めて別シートにコピーする方法を説明します。

 

エクセル表の幅、高さを含む完全コピー操作方法

行単位でコピー

左側にグレーで表示されている行番号のところをクリックし、行単位で対象を選択し、右クリック→コピーを選びます。

範囲の先頭行(一番上の行)をクリックしてから、Shiftキーを押しながら最終行(一番下の行)をクリックすると範囲選択できます。

 

形式を選択して貼り付け→元の列幅を保持

貼り付け先のシートで、貼り付けるエリアの左上セルで右クリック→形式を選択して貼り付け→元の列幅を保持を選ぶ。

 

完成(高さ、幅を含むコピー)

元の表の高さと幅を維持したままコピーされます。

 

 

この方法だと幅も高さもコピーされるので、見本・テンプレートとして作成した表を別シートにコピーするときに知っておくと便利なテクニックです(まったく同じシートを作成することができます)。活用シーンが多い技ですので、ぜひ覚えておいてください。

 

「行単位でコピー」ではなく通常の範囲選択によるコピーで、貼り付け時に「元の列幅を保持」を選択した場合は、幅だけがコピーされ、行の高さはコピーされません。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。