エクセルで斜線の上下に文字を入れる方法

エクセルで斜線の上下に文字を入れる方法

時間割の作成などで使えるエクセルテクニック

エクセルではセルの中に斜線を引いて、その斜線の上下に文字を入れることができます。

 

挿入→図形でテキストボックスを指定して文字を入れる方法だと、位置をあわせるのが大変ですし、別の編集作業中にズレてしまうこともあります。そうならないように下記の方法で文字を挿入します。

 

エクセルで斜線の上下に文字を入れる方法

左側から文字を並べて入力


斜線の上下は関係なく左側から文字を並べて入力します。

 

セルの書式設定→下付き


斜線の下側になる文字を選択してからセルの書式設定→下付きにチェックを入れます。

最初に斜線の下になる「時間」の部分を選択してから行います。

 

セルの書式設定→上付き

同様に斜線の上になる部分を選択し、上付きにチェックを入れます。

最初に斜線の上になる「曜日」の部分を選択してから行います。

 

斜線を引いて、文字サイズを調整


セルの書式設定から斜線を引いて、文字サイズを調整すれば完成です。

上付き、下付きにすると最初よりも文字サイズが小さくなるので、適切な大きさにあわせます。

 

上下の文字の位置はあいだにスペースを入れることで調整できます。


完成です。

 

 

エクセルで時間割や表組の資料を作成するときに使うことが多いテクニックだと思いますので、ぜひ覚えて活用してみて下さい。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。