エクセルで24時間超の時間を表示する方法

24時間超の時間を表示する方法

エクセルで、「9:00+9:00+9:00」を「3:00」でなく「27:00」と24時間超の時間表記にする方法を解説します。エクセルで勤務時間管理を行っている場合などに必要な処理です。

 

 

エクセルでは、時間を足して普通に表示すると上図の左側のようになってしまいます。
これを右側のように24時間以上も表示する方法があります。

 

セルの書式設定→ユーザ定義→[h]:mm

エクセルで24時間以上を表示するには、セルの書式設定で【ユーザー定義】を選び、【種類】のところに【[h]:mm】と入力します。hを四角かっこ[]で囲むのがポイントです。

 

 

これだけ。

 

時間を足す計算式には、SUM関数を使っています。
hを[]で囲っていないと、上の例では「41:00」でなく「17:00」と表示されてしまいます。

 

60分以上なら、セル書式設定→ユーザ定義→[mm]

1時間以上となる合計を分で表示させたい場合は、同じように【ユーザー定義】を選び、【種類】のところに【[mm]】と入力します。今度はmmを四角かっこ[]で囲います。

 

 

特定の作業時間を集計したい場合などは、こうした設定も活用することができます。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top