一定の点数以上に色をつける(エクセル成績処理)

80点以上など一定の点数以上に色をつける方法

エクセルで名簿上にテストの点数を入力し、一定の点数以上(80点以上など)の場所だけ色を変える方法の解説です(下記イメージ)。

 

 

これはエクセル関数ではなく、「条件付き書式」というものを利用します。

 

メニュー「ホーム」→「条件付き書式」

色を変える対象とするセルをすべて選択した状態にしてから、メニューの「ホーム」→「条件付き書式」をクリックします。

 

 

セルの強調表示ルール→指定の値より大きいをクリック。

 

次の値より大きいセルを書式設定」に数値をキーボードから入力します。

 

※設定する数値は「より大きい」なので、80点以上としたい場合は、「79」を設定します。

 

「OK」をクリックすると、設定が反映されます。

 

色の変更方法

設定する色を変更したい場合は、書式のリストから選択することができます。
ユーザー設定の書式」を選択すると、自分で色を自由に設定することができます。

 

 

設定した書式を解除する方法

設定した書式を解除したい場合は、「条件付き書式」→「ルールのクリア」をクリックします。

 

 

複数のルールを設定することも可能

この「条件付き書式」のルール(80点以上で色を変えるなど)は同じ範囲に複数の設定をすることができます(80点以上と60点以下など)。

 

(例)80点以上と60点以下で設定

 

複数のルールを設定方法は、それぞれの設定を別々に行うだけでOKです。
最初に80点以上の設定を行い、その後、60点以下の設定を行うなど。

 

エクセルで成績処理を行う際に便利な機能ですので、活用してみてください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top