中学生向けのエクセル課題の例

中学生向けのエクセル課題(グラフをつくってみよう)

グラフをつくってみることを中学生向けにエクセルの課題として出すときのサンプルと作り方を解説しています。

 

エクセル課題【1】気温の折れ線グラフ

任意の地点の月別の平均気温、日最高気温、日最低気温の折れ線グラフです。
【完成イメージ】

気象庁のホームページに各地点のデータが掲載されているので、これを使用して任意の地点のグラフを作成することができます。

 

作り方:気温の折れ線グラフ


気象庁のホームページを開き(「気象庁」で検索すれば見つかります)、各種データ資料→過去の気象データ検索をクリック。

 


都道府県・地方を選択で場所を指定後に、年・月ごとの平年値を表示をクリック。

 


表示された気温データ(平均、日最高、日最低)をエクセルに入力(またはコピー)します。

 


入力したデータを選択してから、挿入→グラフの種類を選択します。

 


簡単なグラフが表示されます。
このグラフに対して、色や文字の変更、データの表示設定を行います。

 


グラフを選択すると、上のメニューにグラフに関するボタンが表示されるので、この中から設定を行います。

 

エクセル課題【2】雨温図

エクセルでは気温だけでなく、降水量も含めた雨温図を作成することもできます。
【完成イメージ】
エクセル雨温図

 

作り方はこちらの記事にまとめています。
気象庁のデータからエクセルで雨温図をつくる方法

 

そのほかの課題例:エクセルで作成できるグラフ

ほかにも中学生向けの課題として出せそうなグラフのサンプルを元データとともに紹介します。

レーダーチャート


平均点と自分の点数の差をレーダーチャートにしたものです。

 

棒グラフ


各学期の自分の成績を棒グラフで比較したものです。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top