2019年度(平成31年度)小学校年間標準時数チェック表

年間授業時数チェックシート(小学校2019年度版)

年間標準授業時数への達成率をチェックできるエクセルシートを作成しました。
2019年度小学校の年間標準時数を初期値として設定しています。

 

【エクセルテンプレート(年間時数チェック表)】

  • 年間標準時数を達成するための学期ごとの目安を授業日数から計算
  • 学期ごとに実施した時数を入力することで、目安に対する消化率を計算
  • 年間標準時数は学校独自の数値に変更して使用することもできます

年間時数チェック表(小学校2019年度)のダウンロードはコチラから
(自己責任でお使いください)

 

年間授業時数チェックシートの使い方

学年ごとにシートが分かれています。
該当する学年のシートを利用してください。

 

学期ごと(1学期〜3学期)の授業日数を入力します

テンプレートには仮の数値が入力されています。
この数値を上書きしてください。

年間日数と目安が自動的に計算されます。

 

共通ツール

白いセルに値を入力すると、黄色いセルに計算結果が表示されるようになっています。

 

年間標準時数を設定します

2019年(移行期間)の年間標準時数が初期値として設定されています。
学校独自の時数にしたい場合は、上書きして変更してください。

 


1学期目安〜3学期目安は自動的に計算されて表示されます。

 

実施分を入力

実施分の時数を入力することで、消化率が計算されて表示されます。

 

授業時数の確認用に活用してみてください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top