エクセル2013での円グラフ

エクセル2013での円グラフの作り方

エクセル2013での円グラフのカンタンな作り方を紹介します。
エクセルのバージョンが2010と2013ではグラフの作り方が違うので気をつけてください。

 

データを選択し、「挿入」→「円」を選択

グラフで使用するデータ部分を選択しておいて、メニューの「挿入」から「おすすめグラフ」の横にある円グラフのマークをクリックし、グラフの種類を選びます。

 

 

これで下記のような円グラフが作成されます。

 

ただ、これでは見た目がイマイチ…。
そこで、円グラフの色を変更したり、データを表示したりしてみます。

 

円グラフの色を変更する方法(エクセル2013)

色の変更はメニューの「グラフツール」→「デザイン」で行えます。
※メニュー「グラフツール」はグラフの部分を選択していないと表示されません。

 

 

自由に色を変更する方法

「グラフツール」→「デザイン」での色の変更は決められたパターンからしか選べません。
自分で色を指定したい場合は下記の方法で行います。

 

【1】円グラフの中身をクリック

 

【2】色を変えたい場所を、もう一度クリック

色を変えたい部分の隅だけに○がついている状態にします。

 

【3】右クリック→塗りつぶしで色を指定

 

以上で指定の色に変更できます。

 

ほかの部分もそれぞれ色を指定することができます。

 

クリックレイアウトで円グラフのデザインを変更(Excel2013)

エクセル2013からグラフツールにクイックデザインというものが加わりました。
これは用意された典型的なパターンからグラフの見た目を選べるというもの。

 

 

まずは、この中に作成したいイメージに近いものがないか確認してみてください。
パターンを選んだあとでデザインの一部を変更することもできます。

 

デザインの一部を変更するには「グラフ要素の追加」

「グラフ要素を追加」から「グラフタイトル」「データラベル」「凡例」などを選択することで、デザインの一部を変更することができます。

 

 

以上、参考にしてみてください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top