エクセル2010での横棒グラフの作り方

エクセル2010での横棒グラフのカンタンな作り方

エクセル2010での横棒グラフのカンタンな作り方を紹介します。
下記のような表形式のデータから横棒グラフを作る方法を解説します。

 

(グラフのもととなる表形式データ)

 

縦棒グラフを自動作成→横棒形式に変更

横棒グラフを作る方法をいくつかありますが、ALTキー+F1キーを使って縦棒グラフを自動作成し、これを横棒形式に変更するやり方がカンタンです。

 

データを選択し、ALTキー+F1キーをクリック

表形式で設定されているデータの一部(全部でもOK)を選択しておいてからALTキーを押しながらF1キーをクリックします。

 

すると、下記のような縦棒グラフが作成されます。

 

「グラフツール」→「デザイン」→「グラフの種類の変更」

グラフの部分を選択していると表示されるメニューの「グラフツール」から「デザイン」→「グラフの種類の変更」を選択します。

 

「グラフの種類の変更」→「横棒」

表示された「グラフの種類の変更」から「横棒」を選択します。

 

下記のような横棒グラフができます。

 

グラフの項目の並び順を入れ替える方法

上のグラフだと、1年生が一番下で6年生が一番上になっています。
また、凡例も一番上が7月で、一番下が4月です。

 

これを上下反対にしたい場合の操作方法は次の通りとなります。

 

項目のところを選択して、右クリック

 

「軸の書式設定」をクリック

 

「軸のオプション」→「軸を反転する」にチェックを入れる

 

以上で項目の上下が入れ替わったグラフになります。

 

色の変更や数値を表示させる方法は…

グラフの色を変更したり、数値(データ)を表示させる方法は縦棒グラフと同じです。
詳細は、別記事「エクセル2010での縦棒グラフのシンプルな作り方」をご覧ください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top