エクセルの基礎知識(SUMIF関数の使い方)

条件にあった数値を合計するエクセルSUMIF関数の使い方

特定の条件にあてはまる数値だけを合計するのがエクセルのSUMIF関数です。
下記のような表で男子のみ、女子のみの合計を計算する場合に便利です。

 

 

下の行の色つきのセルのところで、SUMIF関数を使っています。

 

SUMIF関数の使い方

SUMIF関数は、合計する条件と範囲を次のように指定して使用します。

【SUMIF関数】

  • =SUMIF(検索範囲,検索条件,合計範囲)
  • 「検索範囲」から「検索条件」に合うものだけを合計する
  • 「検索範囲」…「検索条件」の対象とする範囲
  • 「検索条件」…合計の対象とする条件
  • 「合計範囲」…合計する範囲

 

上の表の例で見てみると、次のようになります。

 

 

赤い枠で囲われた部分はC14セル(4月の男子合計)に設定されたSUMIF関数です。

  • $B2:$B13 → 検索範囲
  • "男" → 検索条件
  • C2:C13 → 合計範囲

 

B2セルからB13セルまでの中で(検索範囲)、「」となっている行を対象にし(検索条件)、C2からC13の値を合計せよ(合計範囲)という意味になります。

 

「$B2:$B13」のほうには「$」がついていて、「C2:C13」には「$」がついていないのは、
隣の列(5月以降の列)にコピーするためです。

 

この状態で4月の列を5月の列にコピーすると、【=SUMIF($B2:$B13,"男",D2:D13)】のように「$」がついていない合計範囲の部分がDに変わります。

 

女子の合計であれば下記のように設定します。

  • $B2:$B13 → 検索範囲
  • "女" → 検索条件
  • C2:C13 → 合計範囲

男子のときとは「検索条件」の部分が違うだけです。

 

SUMIF関数を使うメリット

上記の例であればSUMIF関数を使わなくても、「=C2+C4+C6+C8+C10+C12」のような計算式で求めることができます。ただ、これだと計算式が長くなってしまいます。

 

長くなる計算式は間違いの元。
どこか1ヶ所でも間違えていると正しい計算結果となりません。

 

SUMIF関数を使ってスッキリさせることをオススメします。

 

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top