エクセルの基礎知識RANK関数の使い方)

順位を求めるRANK関数の使い方

エクセルで全体の中で何番目かなどの順位を求めるRANK関数の使い方の解説です。
成績処理時に成績順を表示させる場合などに便利です。

 

 

上の表では色のついている順位の列でRANK関数を使用しています。

 

平均の列には、AVERAGE関数が設定されています。
平均を求める方法はコチラの記事 ⇒ 平均値を計算するAVERAGE関数の使い方

 

RANK関数の使い方

順位を求めるRANK関数は2種類あります。
RANK.AVG関数』と『RANK.EQ関数』です。

 

2つの違いは同順位の扱いです。

  • A…100
  • B…90
  • C…90
  • D…80
  • E…70

BとCがどちらも90で同じです。このときB(またはC)の順位を何位とするかが『RANK.AVG関数』と『RANK.EQ関数』で違います。

 

B(まははC)の順位
  • RANK.EQ関数 → 2(位)
  • RANK.AVG関数 → 2.5(位)

RANK.EQ関数は最上位の順位を表示し、RANK.AVG関数は平均の順位(2位と3位の平均なので2.5)を表示するというわけです。なお、どちらを使用してもDは4位です。

 

RANK.EQ関数のほうが、一般的に使われることが多いのではないでしょうか。
そこで、ここではRANK.EQ関数の使い方を説明します。

 

【RANK.EQ関数】

  • =RANK.EQ(順位を求める値,順位を求める範囲)
  • 「順位を求める範囲」の中で「順位を求める値」が何番目かを表示

 

上の表の例で見てみると、次のようになります。

 

 

赤い枠内がI2セルに設定されたRANK.EQ関数です。

  • H2 → 順位を求める値
  • H$2:H$23 → 順位を求める範囲

H2セルの数値が、H2セルからH23セルまでの数値で何番目かを計算しています。
『H$2:H$23』にだけ『$』マークをつけているのは、下の列にコピーするため。

 

このカタチでコピーすれば、ひとつ下の【I3】セルは【=RANK.EQ(H3,H$2:H$23)】となり、
「順位を求める値」だけがH2からH3に変更されます。

 

RANK.AVG関数も同じ

RANK.AVG関数もカッコの中に指定する数値の意味合いは同じです。

【RANK.AVG関数】

  • =RANK.AVG(順位を求める値,順位を求める範囲)
  • 「順位を求める範囲」の中で「順位を求める値」が何番目かを表示

 

成績処理時で評価をつけるときなどに活用することができます。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top