エクセルで1ページに印刷できない…

エクセルでの印刷範囲の指定方法

エクセルを印刷したときのページの区切りは、エクセル初心者にとってわかりにくいですよね。
1ページに収まるように印刷したいのに、途中で切れて2ページになってしまうとか。

 

ワードならどこまでが1ページか画面で見て分かりやすいのですが、エクセルは違います。
エクセルでは、どこまでを1ページにするかを印刷範囲で指定するのです。

 

エクセルでの印刷範囲の指定方法

エクセルの印刷範囲はメニューの「表示」→「改ページプレビュー」で確認できます。

 

メニューの「表示」→「改ページプレビュー」をクリック

エクセル改ページプレビュー

 

画面に表示される青い線印刷されるページの範囲を表わしています。
上の図は、点線の所までが1ページという意味です。

 

青い線を動かして印刷範囲を変更

画面に表示されている青い線は、ドラッグして動かすことができます。
エクセル印刷範囲の変更

 

青い線を動かすことで1ページに収めることができます。
(自動的に印刷されるサイズが縮小されます)

 

ページレイアウトで印刷範囲を変更することも可能

改ページプレビューで青い線を動かす以外の方法として、ページレイアウト画面で印刷範囲を変更することもできます。

 

表示→改ページプレビューにした後で、ページレイアウトを選択

 

ページレイアウト→拡大・縮小印刷を変更

拡大・縮小印刷の部分を変更することで印刷範囲が変わります。

 

下記の図は「横:自動」を「横:1ページ」に変更しました。
「横:1ページ」はヨコが1ページに収まるようにという意味です。

 

 

初期値は「横:自動」「縦:自動」「拡大/縮小:100%」となっています。
縦を1ページに収めたいのであれば、「縦:1ページ」に変更します。

 

改ページプレビューから元の編集画面に戻すのは「標準」

印刷イメージを確認する改ページプレビュー画面から元の編集画面に戻すには、メニューの「標準」をクリックしてください。

 

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top