学校の先生のためのエクセル使い方教室

検索結果

「 エクセル成績処理 」の検索結果
  • 数値を合計するエクセルSUM関数の使い方
    成績処理など数値を合計するときに便利エクセルで数値を合計するときに便利なSUM関数の使い方を紹介します。SUM関数(サムカンスウ)はタテ、ヨコの数値を合計するときに使用すると便利です。上の表では色(オレンジ)のついているセルにSUM関数が設定されています。SUM関数の使い方上の表のような場合、SUM関数を設定したいセルを選択してから、『オートSUM』ボタンを押すと、自動的にSUM関数が設定されます。SUM関数を設定したいセルを選択オートSUMボタンをクリックオートSUMボタンは下記(ア)(イ)のどちらで押してもOK。(ア)メニュー「ホーム」→「オートSUM」(イ)メニュー「数式」→「オートSUM」自動的にSUM関数が設定されます【SUM関数】=SUM(範囲)「範囲」で指定されたセルに設定されている値を合計するオートSUMボタンで範囲が正しく認識されない場合などは、範囲を直接入力して変更することもできます。ひとつのセルに設定したら関数式をコピー関数や計算式はひとつのセルに設定したら、コピーしてしまうのが効率的です。設定したセルの右下にカーソルを合わせ、「+」になったらドラッグ。これで設定されている式をコピーすることができます。範囲を確認するには、数式→参照元のトレースSUM関数に設定されている範囲を矢印で確認することができます。SUM関数が設定されているセルを選択して、メニューの「数式」→「参照元のトレース」をクリック。これで下記のように対象としている範囲が矢印で表示されます。
    Read More
  • 条件に合致するセルを数えるエクセルCOUNTIF関数の使い方
    アンケート集計、成績処理に使えるCOUNTIF関数各種アンケート集計や成績処理を行うときに便利なエクセルCOUNTIF関数を紹介します。COUNTIF関数とは、特定の値が設定されているセルの数を数えるもの。例えば、下記のようなアンケート集計で設問ごとに選択肢「A,B,C,D,E」が入力されている数を求めることができます。色のついているセルにCOUNTIF関数が設定されています。アンケート集計を例にしていますが、成績評価のA,B,Cでも同じことです。COUNTIF関数の使い方COUNTIF関数は、対象とする範囲と条件を次のように指定して使用します。【SUMIF関数】=COUNTIF(範囲,条件)「範囲」の中で「条件」に合う値が設定されているセルの数を計算する上の表の例で見てみると、次のようになります。赤い枠内がB22セル(Q1でAと入力されている数)に設定されたCOUNTIF関数です。B$2:B$21 → 範囲"A" → 条件B2セルからB21セルまでの中で、「A」と設定されている数を計算せよという意味になります。「$」がついているのは、この式を下の「B」にコピーしやすくするため。B22セルを「$」なしで【=COUNTIF(B2:B21,"A")】にしてひとつ下のB23セルにコピーすると【=COUNTIF(B3:B22,"A")】となっていします。B2からB21までの部分が、B3からB22までに変わってしまいます。これでは正しく計算できません。B22セルを「$」ありで【=COUNTIF(B$2:B$21,"A")】としてひとつ下のB23セルにコピーすると【=COUNTIF(B$2:B$21,"A")】となります。これなら"A"を"B"に変更するだけでOKです。「特定の数値以上」を条件にすることも可能COUNTIF関数の「条件」は、特定の数値以上とすることもできます。80以上であれば、">=80"と設定します。エクセルで成績処理を行うときなどに便利なので参考にしてみてください。COUNIIF関数での条件の設定方法●以上   ">=●"●以下   "●より大きい">●"●より小さい"●と等しい "=●"または"●"※記号は半角で入力します!全角だと正しく動作しません。
    Read More
  • 最高点、最低点を表示するエクセルMAX,MIN関数の使い方
    成績処理で使えるMAX,MIN関数指定された範囲の中での最高点、最低点を表示するMAX関数、MIN関数の使い方を解説。テストの点数など成績処理をするときに便利な関数です。色のついているセルにMAX関数、MIN関数が設定されています。上の表はタテ、ヨコそれぞれで最高点、最低点を表示するようになっています。MAX関数の使い方指定された範囲の中から最高値を表示するのがMAX関数です。【MAX関数】=MAX(範囲)「範囲」の中から最も高い値を表示する上の表の例で見てみると、次のようになります。赤い枠内がH2セルに設定されたMAX関数です。C2:G2 → 範囲C2セルからG2セルまでの中で、最も高い値を表示せよという意味になります。C2…65D2…63E2…47F2…84G2…85なので、85が表示されているというわけです。MIN関数の使い方指定された範囲の中から最低値を表示するのがMIN関数。MAX関数の「MAX」が「MIN」に変わっただけです。【MIN関数】=MIN(範囲)「範囲」の中から最も低い値を表示する上の表の例で見てみると、次のようになります。C2セルからG2セルまでの中で、最も低い値を表示せよという意味になります。MIN関数は指定された範囲の中に空白のセルがある場合は、空白は無視します。値が設定されているセルの中で、最も低い値を表示します。上の例では、範囲が「C4:G4」となっていますが、C4とD4は空白のセルです。このため、E4からG4の中で最も低い値の「52」が表示されます。空白を「0(ゼロ)」扱いとはしません。
    Read More
  • 平均点を計算するエクセルAVERAGE関数の使い方
    平均点の計算はAVERAGE関数でエクセルで平均点を計算するAVERAGE関数の使い方の解説です。AVERAGE関数を使わずに計算式だけで平均を算出することもできますが、AVERAGE関数を使ったほうが便利です。その理由も含めて説明します。色のついているセルにAVERAGE関数が設定されています。上の例ではタテ、ヨコそれぞれで平均点を計算しています。AVERAGE関数の使い方指定された数値の平均値を計算するのがAVERAGE関数です。【AVERAGE関数】=AVERAGE(対象とする数値)「対象とする数値」の平均を計算する上の表の例で見てみると、次のようになります。赤い枠内がH2セルに設定されたAVERAGE関数です。C2:G2 → 対象とする数値C2セルからG2セルまでの数値の平均を計算せよ意味になります。C2…65D2…63E2…47F2…84G2…85の平均が計算されて表示されています。AVERAGE関数を使用するメリット上の例なら、【=(C2+D2+E2+F2+G2)/5】と計算式を設定しても答えは同じです。なぜ、AVERAGE関数を使うのでしょうか?それは、空白のセルを考慮してのものです。H2セルに設定したAVERAGE関数を下にコピーしていくと、H4セルは【=AVERAGE(C4:G4)】となります。AVERAGE関数は「対象とする数値」で指定したセルが空白の場合は、0(ゼロ)扱いではなく無視され、計算対象外となります。H4セルはE4,F4,G4の平均が計算されます。E4…91F4…52G4…86の平均が計算されて表示されています。これが計算式の場合だと、やっかいです。計算式は空白があると、割る数字を変えなければならないH2セルに設定した【=(C2+D2+E2+F2+G2)/5】をH4セルにコピーすると、【=(C4+D4+E4+F4+G4)/5】です。セルは「C2→C4」のように変わりますが、「/5」(5で割る計算)はそのままです。このためE4からG4までを足して5で割ってしまうのです(C4,D4は0扱い)。これでは平均が正しく計算できません。AVERAGE関数を使っておけば、こうした間違いが発生しません。欠席の場合はテストの点数を未入力とするのが一般的だと思います。AVERAGE関数なら、そうしたケースでも平均点が計算できるというのがメリットです。
    Read More
  • 成績順位を求めるエクセルRANK関数の使い方
    順位を求めるRANK関数の使い方エクセルで全体の中で何番目かなどの順位を求めるRANK関数の使い方の解説です。成績処理時に成績順を表示させる場合などに便利です。上の表では色のついている順位の列でRANK関数を使用しています。平均の列には、AVERAGE関数が設定されています。平均を求める方法はコチラの記事 ⇒ 平均値を計算するAVERAGE関数の使い方RANK関数の使い方順位を求めるRANK関数は2種類あります。『RANK.AVG関数』と『RANK.EQ関数』です。2つの違いは同順位の扱いです。A…100B…90C…90D…80E…70BとCがどちらも90で同じです。このときB(またはC)の順位を何位とするかが『RANK.AVG関数』と『RANK.EQ関数』で違います。B(まははC)の順位RANK.EQ関数 → 2(位)RANK.AVG関数 → 2.5(位)RANK.EQ関数は最上位の順位を表示し、RANK.AVG関数は平均の順位(2位と3位の平均なので2.5)を表示するというわけです。なお、どちらを使用してもDは4位です。RANK.EQ関数のほうが、一般的に使われることが多いのではないでしょうか。そこで、ここではRANK.EQ関数の使い方を説明します。【RANK.EQ関数】=RANK.EQ(順位を求める値,順位を求める範囲)「順位を求める範囲」の中で「順位を求める値」が何番目かを表示上の表の例で見てみると、次のようになります。赤い枠内がI2セルに設定されたRANK.EQ関数です。H2 → 順位を求める値H$2:H$23 → 順位を求める範囲H2セルの数値が、H2セルからH23セルまでの数値で何番目かを計算しています。『H$2:H$23』にだけ『$』マークをつけているのは、下の列にコピーするため。このカタチでコピーすれば、ひとつ下の【I3】セルは【=RANK.EQ(H3,H$2:H$23)】となり、「順位を求める値」だけがH2からH3に変更されます。RANK.AVG関数も同じRANK.AVG関数もカッコの中に指定する数値の意味合いは同じです。【RANK.AVG関数】=RANK.AVG(順位を求める値,順位を求める範囲)「順位を求める範囲」の中で「順位を求める値」が何番目かを表示成績処理時で評価をつけるときなどに活用することができます。
    Read More
  • エクセルで再計算する方法(自動と手動の計算タイミング切り替え)
    手動の場合は「再計算実行」ボタンで再計算するエクセルに設定した計算式は、数値が変更されるとその都度、計算されるようになっています。この再計算するタイミングを手動に切り替えることができます。例えば、次のように【セル】に値が設定されていたとします。【A1セル】…「10」【A2セル】…「20」【A3セル】…「=A1+A2」この場合、【A3セル】には、10+20の答えとなる30が表示されます。ここで、【A1セル】の値を「10」から「30」に変更します。すると、自動的に【A3セル】も再計算され「50」と表示されます。これ、便利なのですが、場合によってはデメリットもあります。それは、その都度、再計算していると時間がかかるということ。上のような簡単な式なら一瞬で終わりますが、複雑な式がたくさん設定されているようなエクセルファイルだと、一ヶ所変更するたびに再計算され、時間がかかります。そうした場合は、この再計算するタイミングを自動から手動に切り替えることができます。手動にすると、『再計算実行』ボタンが押された場合だけ、計算されるようになります。エクセルの計算を手動に切り替える方法メニュー「ファイル」→「オプション」を選択「数式」→「ブックの計算」で自動/手動を選択自動…値が変わるたびに再計算されるデータテーブル以外自動…データテーブル以外は値が変わるたびに再計算される手動…再計算実行ボタン(またはF9)が押されたときに再計算される『データテーブル以外自動』の意味がわからなくても、自動と手動の切り替えだけで通常の校務作業では問題ありません。手動で再計算するには「再計算実行」か「F9」上記の設定を「手動」にした場合は、再計算するには「再計算実行」ボタンか「F9」ボタンをクリックします。クリックしたタイミングで再計算が実行されます。再計算実行ボタンは、メニュー「数式」の中にあります。再計算させたのに計算結果がオカシイときに確認すべき項目再計算させたのに計算結果が間違っている(正しくない)という場合は、計算式が間違っている可能性があります。まずは、計算式を確認してみて下さい。計算式も間違っていないというときは、計算対象とする数値が全角で入力されていないかをチェックしてください。エクセルの計算式は半角数値を計算対象としています。全角で入力された場合、文字列とみなされ数値として計算対象になりません。くわしくは下記の記事で解説しています。エクセルで計算結果が違うときに最初に確認すべきことエクセルを使っていて計算が正しく行われないときに最初に確認すべきことは、数字が全角で入力されていないかです。初心者がやってしまいがちなミスなので気をつけましょう。
    Read More
  • エクセルでの成績5段階評価方法(IFS関数が使えないときもOK)
    IFS関数が使えないときにできる5段階評価方法エクセルで点数に応じてAからEのように5段階評価をつける成績処理を行うときにはIFS関数を使うのが一般的ですが、エクセルのバージョンによってはIFS関数が使えないことがります。そんなときは、むりやりIF文を何重にも重ねて書いてしまいがちですが、もっとスマートなやり方があるので紹介します。IFS関数が使えるエクセルのバージョンIFS関数が使えるエクセルのバージョンは「Excel2019」以降です。Excel2016の場合は、サブスクリプションタイプのOffice365からのインストールの場合のみIFS関数を使うことができます。ちなみに、IFS関数が使えないエクセルでムリヤリIFS関数を使うと「#NAME?」と表記されるエラーになります。成績5段階評価のIF文重ね書き【やりたいこと】点数によりAからEまでの5段階評価を設定する。評価A90点以上評価B80点以上90点未満評価C60点以上80点未満評価D40点以上60点未満評価E40点未満IFS関数が使えずIF文でムリヤリ書くとこうなる…。【ムリヤリIF文】=IF(B2【ムリヤリIF文解析】B2の値が40未満ならEとし、そうでなければ、B2の値が60未満ならDとし、そうでなければ、B2の値が80未満ならCとし、そうでなければ、B2の値が90未満ならBとし、そうでなければ、Aとするできないことはありませんが、ゴチャゴチャしすぎて書きにくいですし、ひとつでもカッコの数がちがうとエラーになってしまいます。また、5段階から何とかなっても10段階だとキツいですよね。そこで、別の方法を紹介します。vlookup関数を使った5段階評価エクセルではvlookup関数を使えば、上に例示したような5段階評価を設定することができます。【評価基準を設定(上の図の赤い点線内)】点数に応じて設定する評価A〜評価Eの基準を上の図のようにシート内に設定します。点数(数値)を左側、評価を右側にする点数(数値)は小さい順に並べる設定する点数(数値)は「以上」です。上の例では「90点以上」で「A」、「80点以上」で「B」となります。こうした評価基準を作成してからvlookup関数を設定します。【 vlookup関数 】=vlookup(検索値,範囲,列番号,検索方法)【検索値】…判定基準とする点数【範 囲】…作成した評価基準テーブル【列番号】…評価基準テーブルで表示する評価が設定されている列【検索方法】…近似一致とするためTRUE【 設定例 】=vlookup(B2,$E$2:$F$6,2,TRUE)範囲を「$E$2:$F$6」と「$」つきで絶対参照にしているのはコピーしやすくするため。vlookup関数で近似一致を使用するポイントはvlookup関数で近似一致を使用することです。検索値に該当するものを表示するとき(例:そのIDに該当する名前を表示するとき)は完全一致を用いますが、点数をもとに5段階で評価する場合は近似一致を使います。注意点は参照する範囲(評価基準テーブル)を数値の小さい順につくっておくことです。大きい順につくると下記のようにエラーとなるので気をつけてください。ここでは5段階の評価で説明しましたが、10段階の評価にわける場合でも、「vlookup関数で近似一致を使用する」方法が使えます。IFS関数が使えない場合は、ムリヤリIF文ではなく、コチラを使うことをオススメします。vlookup関数の検索方法vlookup()内のカンマで区切った4番目に検索方法を指定TRUE…近似一致FALSE…完全一致vlookup関数の完全一致(FALSE)での5段階評価はエラーになるくりかえしになりますが上記の方法で5段階評価をつけるときに使用するvlookup関数は近似一致のTRUEを使うことがポイントです。FALSEを指定すると下図のようなエラーとなります。完全一致(FALSE)とは値(数字)がピッタリ同じことを意味するので参照する範囲に該当の数字がある場合(上の図なら「40」と「60」)はエラーとならずに値が表示されますが、該当の数字がない場合(上の図では「92」「59」など)はエラーとなります。
    Read More
  • エクセル読み上げ機能の使い方(入力データの確認に便利)
    エクセルにあるセルの読み上げ機能あまり知られていませんがエクセルにはセルに入力されている値(数値、文字)を自動的に音声で読み上げる「セルの読み上げ」機能というものがあります。これを使うことでエクセルで成績処理を行ったときに、そもそもエクセルに入力した値が正しいのかを確認することができます(紙で採点した点数をエクセルに入力したときなど)。カンタンな設定て使えるので、その使い方を紹介します。セルの読み上げ機能で出来ること先に「読み上げ機能」でどんなことができるかを説明します。この状態のエクセルで「セルの読み上げ機能」を使うと、『アキヤマ、シー、エー、シー、イケダ、ビー、エー、ビー、イシダ…』というように入力されている文字を順番に読み上げて音声で出力します。いかにもコンピューターの音声という感じですが、十分に聞き取れます。ここの例では、セルを横に(左から右に)読み上げて下の段に移るように説明していますが、設定によりセルを縦に(上から下に)読み上げてから右の列に移るようにすることもできます。セルの読み上げ機能の使い方「セルの読み上げ機能」はボタンをクリックするだけで使えるのですが、初期状態では「セルの読み上げ機能」のボタンが表示されていません。まずは、このボタンを表示させます。クイックアクセスツールバーにボタンを追加する画面上部にある「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」から「その他のコマンド」を選択。コマンドの選択で「すべてのコマンド」を選ぶ表示された画面にあるコマンドの選択のヨコの▼から「すべてのコマンド」を選択。「セルの読み上げ」を「追加」「セルの読み上げ」を選択してから「追加」ボタンをクリック。コマンドの選択で「すべてのコマンド」を選んでおかないと「セルの読み上げ」は表示されません。「読み上げの停止」なども「追加」「セルの読み上げ」と同様に「読み上げの停止」「列ごと(セルを1列ずつ読み上げ)」「行ごと(セルを1行ずつ読み上げ)」を追加する。追加したら画面右下にある「OK」をクリックします。列ごと(セルを1列ずつ読み上げ)が見つからない…「列ごと(セルを1列ずつ読み上げ)」などは「セルを1列ずつ表示」のようにエクセルのバージョンによって名称が微妙に異なります。以上で「セルの読み上げ機能」関連のボタンがクイックアクセスツールバーに追加されます。セルの読み上げ機能を使うにはボタンをクリックするだけクイックアクセスツールバーにボタンが追加されれば、あとはクリックするだけです。最初に読み上げる方向(左から右に読み上げて下に移るor上方下に読み上げて右に移る)を指定。クリックしたボタンは色が反転して、設定が有効になっていることがわかります。読み上げる最初のセルが選択されている状態にして「セルの読み上げ」ボタンをクリックすると、音声読み上げが始まります。読み上げを終了させるには、「読み上げの停止」ボタンをクリックします。読み上げる範囲はテーブルになっている範囲(つながっている範囲)です。これまで紙のデータをエクセルで入力するときに入力ミスがないかを確認するために2人で読みあわせを行う…という作業を行っていたなら、この機能を使うことで、ひとりで確認作業を行えます。成績入力時だけでなく、体育での測定記録や健康診断、歯科検診など「紙→エクセルでデータ化」の際に使える機能ですので、ぜひ活用してみて下さい。
    Read More
  • エクセルでつくる成績グラフ5選(レーダーチャートからヒストグラムまで)
    成績処理で便利なエクセルグラフを紹介成績処理関係で使えるエクセルのグラフを5つ紹介します。つくり方も解説しているので参考にしてみて下さい。レーダーチャート(教科のバランスチェック)教科毎の得点をプロットし、得意不得意を見つけるためのグラフです。図のように中間テストと期末テストの点数を比較することもできますし、平均点と個人の点数を比較することもできます。レーダーチャートのつくり方グラフにするデータ範囲(教科名などのタイトル部分も含む)を選択してから、メニューの「挿入」→「おすすめグラフ」をクリックし、表示された設定画面で「すべてのグラフ」→「レーダー」を選択。集合横棒(前回との成績比較)教科ごとに点数を棒グラフ化し、前回との成績を比較したりするときに使えるグラフです。中間テストと期末テストの点数の比較だけでなく、平均点と個人の点数の比較をすることもできます。集合横棒グラフのつくり方グラフにするデータ範囲(教科名などのタイトル部分も含む)を選択してから、メニューの「挿入」→「おすすめグラフ」をクリックし、表示された設定画面で「すべてのグラフ」→「横棒」→「集合横棒」を選択。マーカー付き折れ線+集合縦棒教科ごとの点数を折れ線グラフにし、全教科合計の点数を棒グラフにした組合せグラフです。複数回のテストの成績の結果を比較することができます。マーカー付き折れ線+集合縦棒グラフのつくり方グラフにするデータ範囲(教科名などのタイトル部分も含む)を選択し、メニューの「挿入」→「おすすめグラフ」をクリック。表示された設定画面で「すべてのグラフ」→「組み合わせ」を選択。表示されたグラフを選択し、メニューの「グラフのデザイン」→「行/列の切り替え」をクリック。グラフを選択した状態でないと、メニューに「グラフのデザイン」が表示されません。表示されたグラフを選択し、メニューの「グラフのデザイン」→「グラフの種類の変更」をクリック。グラフの種類を設定(各教科はマーカー付き折れ線、合計は集合縦棒)し、合計のみ「第2軸」にチェックを入れる。ウォーターフォール(教科ごとの得意・不得意を確認)中間と期末など2回分の成績を教科ごとに比較して、点数が上がったか、下がったかを教科ごとに可視化するグラフ。トータル(合計点数)の差も最後に表示できる。ウォーターフォールグラフのつくり方グラフにするデータ範囲(教科名などのタイトル部分も含む)を選択し、メニューの「挿入」→「おすすめグラフ」。表示された設定画面で「すべてのグラフ」→「ウォーターフォール」を選択。合計とする部分をクリックして選択状態にしてから、右クリック→「合計として設定」を選択。ヒストグラム(クラスの傾向を確認)ここまでは個人の成績を確認するためのグラフでしたが、クラスや学年など集団としての成績の傾向を分析するために使えるのがヒストグラムです。成績用ヒストグラムのつくり方グラフにするデータ範囲(系列名とする部分も含む)を選択し、メニューの「挿入」→「おすすめグラフ」。表示された設定画面で「すべてのグラフ」→「縦棒」を選択。グラフの種類の中には「ヒストグラム」がありますが、「ヒストグラム」は設定がややこしいので、「縦棒」グラフを選んで、下記の設定をすることをオススメします。表示されたグラフの棒グラフ部分をクリックして選択状態にして、棒グラフのところで右クリック。「データ系列の書式設定」が表示されるので、「系列の重なり」「要素の間隔」を「0%」にする。あとはデータラベルやフォントの種類・サイズなどを設定すれば完成です。
    Read More
  • エクセルで成績一覧表を作成するときに便利な機能
    成績処理を効率化する便利な機能エクセルで成績一覧表を作成するときに便利な機能を紹介します。学年末や学期末に複数回のテストの点数を集計することがあると思います。このとき生徒ごとにそれぞれのテストの点数を入力していくと表が横に長くなりがちです。(こんな感じ↓)スクロールバーを使えば見ることはできるのですが、見やすくはありません。こうしたときは、グループ化機能を使うとスッキリします。(グループ化機能を使うと…)任意の列をまとめて非表示にすることができます。上部にできるボタンの押下で表示・非表示の切り替えもできます。(+ボタンクリックで再表示)エクセルにあるグループ化機能の使い方グループ化により隠したい(非表示にしたい)列を選択左端の列をクリックで選択→SHIFTを押しながら右端の列を選択で範囲選択できます。(上部メニュー)データ→グループ化をクリックグループ化されるほかにもグループ化したい箇所(上の例では「社会」など)があれば同様の操作を行います。一気にグループ化を切り替えるには左上の数字グループ化機能をつけると自動的につくられる左上の数字ボタンをクリックするとグループ化(表示・非表示)の切替が一気に行えます。上の説明では列に対して(横方向に)グループ化を行いましたが、行に対して(縦方向に)グループ化を行うこともできます。長くなりがちな表で使用すると、見やすい表になるので、活用してみて下さい。
    Read More
  • エクセルでテストの平均点を計算する方法
    平均点の計算はAVERAGE関数を使うエクセルの関数を使って平均点を計算する方法の解説です。テストごとの平均点や個人ごとの複数回のテストの平均点を計算することができます。エクセルでの平均点の出し方ワンポイント四則演算を使って平均点を出す(対象の点数を足して、対象の数で割る)こともできますが、下記の関数を使う方法をオススメします。関数を使っていれば未入力のセル(テストを欠席した場合など)は計算対象になりませんが、四則演算だと「対象の数で割る」数字を変えなければなりません。エクセルで平均を計算する関数はAVERAGEエクセル関数「AVERAGE」で指定された数値の平均を計算することができます。【平均を求める関数】=AVERAGE(範囲)範囲のところに指定された値の平均を計算上の図では、範囲のところに『C2:E2』と指定されています。このため『C2』セルから『E2』セルまでの数値の平均が計算されます。「C2:E2」としたところは、カンマで区切って「C2,D2,E2」としても同じ結果になります。【平均点を計算するときの注意点】エクセルで関数を使って平均点を計算するときは範囲で指定したセルの中の数値がすべて半角で入力されていなければなりません。全角数字は平均点を計算する対象にならないので注意が必要です。計算式はコピーして使えるクラス名簿などをもとに成績処理を行う場合は、計算式をコピーすることができます。一番上の端のセルに設定した計算式をドラッグしてコピーするのが便利です。計算式を設定したセルの右下にマウス(カーソル)をあわせ、「+」マークになったら、コピーしたい方向にドラッグします。これで計算式がコピーされます。小数点以下を揃えるのはセルの書式設定小数点以下の数値を揃えたい場合は、セルの書式設定で行います。設定したいセルをすべて選択した状態で、右クリック→セルの書式設定を選択。表示形式→数値→小数点以下の桁数を設定。設定された小数点以下の桁数で表示されます。数値が未入力の場合は平均値の計算対象とならない上の図のCさん、Eさんのように数値が未入力の箇所がある場合、数値が入力されているところのみで平均点を計算します(Cさんは75点と58点の平均を計算)。このためテストを欠席した場合や転入生で以前のテストを受けていない場合なども、受けたテストだけの平均点を計算することができます。タテでの平均値の計算も同様に行えますタテ(列)に対しても同じように平均点を計算することができます。平均の計算対象とする数値のところに『C2:C11』と指定されています。このため『C2』セルから『C11』セルまでの数値の平均が計算されます。計算式のコピー、小数点以下の桁合わせも同じように設定すれば完成です。
    Read More
  • エクセルで点数によって評価(A,B,C)を自動的に計算する方法
    IF関数で評価(A,B,C)を計算するエクセルで入力された点数をもとに、60点未満はC、60点〜79点はB、80点以上はAと自動的に計算する方法の解説です(下図イメージ)。平均点をもとに評価A,B,Cを自動的に計算。A…80点以上B…60点〜79点C…60点未満評価(A,B,C)の算出には、エクセルのIF関数を使っています。平均点の計算方法はコチラの記事をご確認ください。IF関数を使ってA,B,Cにランク分け80点以上ならAにするのように条件によって処理を変えるにはIF関数を使います。【条件判定を行うIF関数】=IF(条件判定,処理1,処理2)条件判定…判定させる条件式を設定処理1…設定した条件式にあてはまる場合の処理を設定処理2…設定した条件式にあてはまらない場合の処理を設定処理2は省略することも可能条件判定、処理1というのが数学っぽくてわかりにくいと感じる方のために、文章風にしてみると下記のようになります。【条件判定を行うIF関数の例】=IF(F2のセルの値が80以上,Aと表示,Bと表示)上に挙げたA,B,C判定を行う表では、次のように設定されています。IFが2つ出てきていますが、下記の意味になります。処理2の中身がIF関数になっていて、その中でまた条件判定を行っています。最初の条件判定で、F2セルが60未満かをチェック60未満なら処理1(Cと表示)が行われる60以上なら処理2へ処理2で、新たな条件判定(F2セルが80未満かをチェック)80未満ならBと表示80以上ならAと表示ちなみに、ここではIF関数が2つだけですが、2つ目のIF関数の中にさらにIF関数を入れて3つにすることもできます(4つ以上も可能)。ただし、あまりIF関数を増やすと見にくくなるので気を付けてください。
    Read More
  • テストによって重みを変えて総合点を計算する(エクセル成績処理)
    計算式(四則演算)を設定して重みを反映複数回のテストの点数に対し、重みをつけて総合点を計算する方法を紹介します。(例)3回目のテストの点数のみ3倍して総合点を算出。Aさん…10点(1回目)+10点(2回目)+10点×3(3回目)=50点計算式(四則演算)を設定して重みを反映させるエクセルの計算式(四則演算)でテストの点数の重みを考慮することができます。上のように総合点を計算するセル【F2】には、次の計算式が設定されています。=C2+D2+E2×3『E2×3』で【E2】セルの数値を3倍しているということです。残りは足し算。あとは「Bさん」以降の行にも、この計算式をコピーするだけです。重みを表の中で設定できるようにする上の例だと、重み(×3)が計算式の中に含まれてしまいます。これを表の中で設定できるようにすることもできます。それぞれのテストごとに重み(かける数値)を表の中で設定しています。この数値を使った計算式は次のように設定します。総合点を計算するセル【F2】には、次の計算式が設定されています。=C3×C$2+D3×D$2+E3×E$2C$2とは【C2】セルのことです。よって、『C3×C$2』はC3セルの数値とC2セルの数値をかけ算です。かけ算で重みを考慮して、足し算で総合点を計算してることになります。なぜ、「C$2」と「$」をつけるのか?C$2を単にC2としていない理由は、計算式をコピーするためです。『C3×C2』として計算式を次の行にコピーすると、コピーした計算式は、『C4×C3』となってしまいます。これでは正しく重みが反映されません。重みのある【C2】セルはコピーしても、そのままでなければなりません。コピーしても計算式の数値をずらさないようにするのが『$』です。『C3×C$2』としてコピーすれば、『C4×C$2』となります。「$」は絶対参照の記号です。詳しくは下記の記事で解説。⇒ エクセルで関数をコピーするときに気をつけたい相対参照と絶対参照以上、成績処理で複数回のテストに重みをつけて計算するときに活用してみてください。
    Read More
  • エクセル名簿をテストの成績順に並べ替える方法
    範囲を指定して「並べ替え」エクセルの名簿をテストの成績順に並べ替える方法を紹介します。(例)並べ替え前↓平均点で並べ替え(例)並べ替え後範囲を選択してから、メニュー「データ」→「並べ替え」まず最初に、並べ替える範囲をすべて選択します。「平均点」の列をもとに並び替える場合でも、「平均点」以外の列も選択します。上の図ではA列からF列まで選択しています。すべての範囲を選択したら、メニューの「データ」から「並べ替え」を選択。「最優先されるキー」に並べ替える基準となる列(ここでは平均点)を設定します。「No」「名前」「平均点」などのリストが表示されない場合は、右上の「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。成績順(点数の高い順)にするには「順序」を「降順」に設定します。「Ok」をクリックすると、設定された内容で並べ替えられます。成績処理以外でも使える機能ですので、活用してみてください。
    Read More
  • 成績として入力した評価(A,B,C)の数をカウントする方法(エクセル成績処理)
    COUNTIF関数でA,B,Cの数を算出エクセルで成績評価として入力したA,B,Cの数を自動計算する方法の紹介です。上の表では個人ごとに評価(A,B,C)を入力し、その評価をつけた数を自動的に計算し、下に表示させています(色つきの部分)。評価をA,B,Cの三段階にしていますが、1〜5までの5段階などでも同じように表示させることができる方法を紹介します。COUNTIF関数を使用して評価の数を表示させる評価の数を数えるには、エクセル関数「COUNTIF」を使用します。【COUNTIF関数】=COUNTIF(範囲,検索条件)範囲…数える対象とする範囲を設定検索条件…数える条件を設定上の表では【C13】のセルのCOUNTIFに範囲、検索条件が次のように設定されています。範囲…C$2:C$11検索条件…”A”C$2:C$11は、C2セルからC11セルまでという意味です。「$」記号をつけているのは、絶対参照にして計算式をコピーしやすくするためです。絶対参照、相対参照については詳しくは下記の記事で解説。⇒ エクセルで関数をコピーするときに気をつけたい相対参照と絶対参照検索条件の”A”は『Aと一致したら』という意味です。よって、『C2セルからC11セルまで』で『Aと一致したら』となります。この条件をエクセルが計算して【C13】セルに『2』と表示しているわけです。あとは、この計算式を他のセル【C14】【D13】などにもコピーします。計算式をコピーで貼りつけた後に【C14】であれば”A”は”B”に変更します。『$C$2』ではなく『C$2』の理由【D13】にコピーすると、『C$2:C$11』は『D$2:D$11』となります。こうするために、『$C$2』ではなく『C$2』としています。ABC三段階でなく1〜5の五段階でも同じ評価をABCの三段階でなく、1〜5の五段階にする場合も同じです。COUNTIF関数を使って、検索条件のところを”1”とすれば計算できます。成績処理での事例で紹介しましたが、アンケート集計でも使えるテクニックです。参考にしてみてください。
    Read More
  • エクセル通知表の作り方(基本となる仕組みを解説)
    エクセル通知表の作り方(基本の仕組み)エクセル(Excel)を使って通知表をつくるときの基本的な仕組みについて解説します。エクセルで通知表を作成する場合は、デザインや表示させる項目よりも先に基本となる仕組みを理解しておく必要があります。何パターンかありますが、ここでは最も基本的なものを紹介します。エクセル通知表の仕組みエクセル通知表の中で最も基本的なものは、印刷ページと成績一覧ページを作成するものです。成績一覧ページに入力した内容が、印刷ページに表示されるという仕組みです。「成績一覧」ページ生徒ごと科目ごとの成績を入力するページです。「印刷」ページ印刷して渡すものがコチラ。「成績一覧」ページに入力された内容を生徒ごとに表示するページです。実際の通知表では校章を入れたりしてデザインを工夫すると思いますが、ここでは仕組みを理解するためにシンプルに表示しています。同じエクセルファイルの中で2つのシート(ページ)があるというわけです。VLOOKUP関数を使って、印刷ページに表示するデータを設定「成績一覧」ページにあるデータから誰の通知表データを「印刷」ページに表示するのかにはVLOOKUP関数を使用します。VLOOKUP関数の使い方VLOOKUP関数(検索値,検索範囲,出力データ列番号)検索範囲の一番左側の列から検索値を探し出し、その行のデータの出力データ列番号に設定されている値を表示する。検索値…H2(に設定されている数値)検索範囲…成績一覧!A2:M21出力データ列番号…5成績一覧シートのA2セルからM21セルの範囲の中から、一番左側の列がH2の値(14)となっている行の、5番目の列のデータを表示。成績一覧シート上の例は国語ですが、他の科目や名前、学年組、出席番号も同じ方法で設定します。VLOOKUP関数を使って、国語のときは出力データ列番号に「5」を設定していましたが、ここを変更します。対象IDを切り替えることで表示内容を変更H2セルに設定している数値を切り替えることで表示内容が変更されるという仕組みです。(出力対象を変更)なお、対象IDが表示されているH列は改ページプレビューで印刷対象外としておけば印字されません。以上がエクセル通知表の基本的な仕組みとなります。一覧シートでデータを作成し、印刷ページでVLOOKUP関数で対象を表示という流れです。「全員分の印刷ページをあらかじめ作成しておく(人数分のシートを作成)」というやり方もありますが、その場合は通知表のデザインが変更になった場合、すべてのページを変更しなければなりません。印刷ページは1シートにしておき、対象をVLOOKUP関数で設定する方式にしておけば、デザイン変更の際も1シートの変更だけで済みます。参考にしてみてください。
    Read More
  • エクセルで評価マーク(星印)を5段階でつける方法
    数値に応じて星印を自動で設定する評価として数値を5段階(1〜5)で入力すると、それに応じた星マークが表示される仕組みのつくりかたを解説します(上図のようなもの)。星マークの表示方法は「数値をそのまま表示する」ものと、「5つ星は固定で、数値に応じて塗りつぶす」ものの両方について説明します。REPT関数で星の数を表示まずは、星マークで「数値をそのまま表示する」方法のやり方から。REPT関数を設定するだけで実現できます。REPT関数(くりかえす文字,くり返す回数)「くり返す文字」に設定されたものを「くり返す回数」だけ、くり返して表示します。上の図の例で「=REPT("★",B2)」は、★をB2セルに設定された数値だけくり返すことになります。B2セルには「5」が設定されているので、★が5つ表示されます。REPT関数で★と☆を表示「5つ星は固定で、数値に応じて塗りつぶす」方法のやり方です。こちらもREPT関数を使います。【=REPT("★",B2)&REPT("☆",5-B2)】&は2つの文字をつなぐ記号なので【REPT("★",B2)】と【REPT("☆",5-B2)】を結合【REPT("★",B2)】は、最初の例と同じ意味(B2のセル値だけ★を表示)【REPT("☆",5-B2)】は、☆を表示する回数を5回−B2のセル値としているB2セルに「3」が設定されれば…【REPT("★",B2)】で★★★となり、【REPT("☆",5-B2)】は(5-B2が2なので)☆☆となり、この2つを結合して★★★☆☆とひょうじされます。いずれもREPT関数だけで設定できるので、成績処理時などに活用してみて下さい。
    Read More