校務効率化に役立つエクセルの使い方は?

エクセルを使ってどんな校務を効率化できるのか?

ここではエクセルを使うと、どんな校務がどのように効率化できるのかを具体的に紹介したいと思います。エクセルで何ができるの?と思っている方は参考にしてみてください。

 

エクセルでできる成績処理

エクセルと最も相性が良い校務は成績処理です。
次のように成績をつけるときのデータ整理にエクセルは役に立ちます。

 

具体的にはエクセルを使って次のようなことを行うことができます。

 

テストの点数に順位をつける

エクセルの名簿上にテストの点数(素点)を入力することで、点数の順位を自動的につける。

 

テストの点数の平均点を計算する

入力されたテストの点数の平均点を計算する。
欠席者(点数未入力)は除外して平均を計算することもできます。

 

テストで一定の点数以上(または以下)の生徒に色をつける

80点以上など一定の点数以上のところを色を変えて表示することができます。

 

テストの点数順に名簿を並べ替える

テストの点数が高い順に名簿を並べ替えることができます。

 

複数回のテストに重みを付けて成績を算出する

複数回行ったテストに、それぞれ重みをつけて総合点を計算することができます。
1回目のテストの点数は1倍、2回目のテストの点数は2倍など。

 

月別行事予定表、年間行事予定表などの再利用

月別行事予定表や年間行事予定表はエクセルで作っておくことで、再利用しやすくなります。
エクセルであれば、カレンダーの部分を一括で書き換えることができるからです。

 

月が替わるごと、年度が替わる度に、「月、火、水…」とひとつひとつ入力し直す必要がありません。特定の場所を更新するだけで、あとは自動的に書き換わるようにすることができます。

 

各種出納簿の作成

校務では給食費など出納簿をつけることも多いと思います。
こうしたものもエクセルで計算部分を自動化することができます。

 

アンケート集計

保護者アンケートなどを集計してグラフ化する。
こうした作業もエクセルの得意分野です。

 

定期的に行っているアンケートであれば、数値部分だけを変えれば、グラフが自動的に表示されるようにしておくことで、校務作業を効率化することができます。

 

授業時数の集計

教科ごとの授業時数の集計を行うこともできます。
年間標準時数に対する達成率や予定に対する消化率を表示することもできます。

 

体育でののタイムの集計

体育の授業で行う50m走などのタイムを記録(入力)し、児童・生徒ごとに平均タイムを計算したり、男女別にクラスの平均タイムを計算することができます。

 

具体的な方法は…?

ココで紹介したものの具体的な方法は別ページで紹介予定です。
準備できるまで、しばらくお待ちください。

先生向けのExcelマニュアル

学校の先生向けに、成績処理授業時数の計算クラス名簿の並べ替え行事予定表の作成各種アンケートの集計など校務で必要なエクセルの操作方法を基礎から解説。
『エクセルの使い方』といった入門書には、学校では使わないような機能の紹介も多く、ページ数が多い割には…ということがありがちです。本書は学校の先生向けに特化したエクセルの入門書となっています。
1年1組のつもりで「1-1」と入力してるのに、「1月1日」に勝手に変換されてしまう!といった先生が学校で遭遇しがちなトラブルの回避策も掲載しています。エクセルで校務作業を効率的にしたい!と思っている先生方は、ぜひご覧ください。

page top